2021年8月22日 山口の長門湯本温泉街で食べ歩きスイーツ♪吉富幸進堂フワフワわっふる/山口県長門市

山口の長門湯本温泉街で食べ歩きスイーツ♪吉富幸進堂フワフワわっふる/山口県長門市

どうもー。

ぶっくんです。

今日は『食べる』に関するブログを書いていきたいと思います♪

今回は以前山口県長門市の湯本温泉を訪れた際に食べたスイーツのご紹介です。

食べる関連のブログは遊ぶ、食べる、泊まるのカテゴリーから『食べる』を選択して下さい♪

今回ご紹介する長門スイーツは吉冨幸進堂さんの『わっふる』です!

こちらは長門の観光なび『ななび』でも紹介されています↓

まず、この吉冨幸進堂さんですが、正直見た目がすごくわかり辛いです!

自分もここを求めて車のナビをセットしたのですが、周辺に着いても『わっふる』を売っていそうなお店はなかなか見当たらず、見つけるのに苦戦しました。

見つけるのに苦戦した理由は2つあります。

・建物には『吉冨幸進堂』ではなく、『幸進堂』しか表記されていない!!

・見た目が正直『わっふる』を売っているとはなかなか思えない!(失礼)

です。

でも、本当わかり辛いんです。これが実際の吉冨幸進堂さんの入口の写真です↓

見て下さいよ!自分が見つけるのに苦戦したのもわかりますよね?

『わっふる』スイーツが売っているとはなかなか思えないですよね!?

何度も車で通り過ぎながら、何とか到着することができました。笑

ちなみにお店の前には3、4台ほどの駐車場がありますよ。

早速お店の中に恐る恐る入ってみました。

店内はこんな感じです↓

日常品なども取り扱っている昔ながらの売店のようなコンビニのような感じです。(温泉まんじゅうなども販売)

そして、お目当ての『わっふる』はレジの横で販売されていました。

正直売り方にはオシャレさを感じることができませんね。(失礼)

わっふるにはクリーム、つぶあん、まっ茶、ちょこの4種類がありました。

クリームとつぶあんが130円、まっ茶とちょこが140円です。ちなみに、ちょこは土日限定販売ようです。

また、わっふるとは別に『黒糖ろおる』というものも販売しています。こちらは170円。

私たちは、わっふるのクリームとちょこ、黒糖ろおるを購入して食べてみましたよ。

こちらが、わっふるのクリーム↓

こちらがわっふるのちょこ↓

黒糖ろおるはこんな感じ↓

ワッフルと言えば、あのサクサクのやつを皆さんも思い浮かべると思いますが、この吉冨幸進堂さんの『わっふる』はフワッフワの生地となっており、そのフワッフワの生地でフワッフワのクリームやちょこクリームなどを包んでいます。

本当ふわっふわです。

中のクリームやちょこは程よい甘さで、甘党ではない自分も非常に美味しく頂けました♪

売り方と味とのギャップもかなり効き、皆で美味しいねと言いながらペロリと平らげちゃいました♪

黒糖ろおるも生地はフワフワで、中にクリームとあんこが入っています。黒糖の甘みと中のクリームやあんこの甘さが絶妙にマッチしています。こちらも甘すぎず、程よい甘さとなっているので、ペロリといけちゃいます♪

この長門市の湯本温泉周辺は歩いて風情を楽しむのが魅力的な場所です。

そんな時に、この『わっふる』を食べ歩きしながら、湯本の風情を楽しむとより長門を楽しめるのではないかと思いますよ♪

この情報が皆さんにとって、良い情報となれば嬉しいです。

ぶっくんより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です